継続して予防クリームを塗ることで妊娠線を対策!

妊娠時の肉割れを予防する

お腹

妊娠線の予防として予防クリームは必要です。お風呂上がりがゴールデンタイムであり、つわりが落ち着き食欲が戻る4〜5か月目には始め、体型の変化が大きい6〜8か月目に向けて毎日の習慣にしていくことが有効です。また無添加で、肌の弾力やターンオーバーを促す成分を選ぶことも重要です。

More Detail

出産まで続けよう

ウーマン

低刺激で容量が多い

多くの妊婦さんが抱える心配事と言えば妊娠線ができることです。妊娠線は可愛い赤ちゃんがお腹の中で成長した証ですが、女性であることを考慮すると、なるべく作りたくないと言うのが本音です。妊娠線を発症しないためには、妊娠三ヶ月頃から出産まで予防クリームでケアすることです。多くのメーカーから予防クリームが販売されていますが、選ぶポイントとしては毎日こまめに塗ることが第一条件ですので、自分の経済状況を考慮することです。高品質のクリームも中にはありますが、妊娠線を作らないポイントは、たっぷりとクリームをお腹やお尻部分に塗ることです。高いクリームを少量塗っても、すぐに乾燥してしまうので、リーズナブルな価格で大容量タイプでしたら臨月まで続けることができます。臨月付近になると塗る量も初期に比べるとかなり多い目になりますし、ますます乾燥しやすくなりますので、大容量タイプを購入することです。そして、低刺激タイプを選ぶことです。妊娠中の肌は非常にデリケートです。予防クリームを選ぶ際には必ず低刺激タイプを中心に探すことです。低刺激タイプだと肌への刺激を抑えることができると同時に潤いを与えることができます。最後に、妊娠線は乾燥が好物です。肌を24時間ずっと潤うことで妊娠線ができにくくなりますので、予防クリームを選ぶ際は潤い成分が贅沢に配合されているタイプを選びたいです。予防クリームを塗るときはお腹の赤ちゃんに話しかけながら塗ると楽しいです。

妊娠線の予防に役立つ商品

美容クリーム

妊娠線の問題を解決するために、予防クリームを用いる際には、なるべく肌への刺激の少ない商品を選択することがポイントです。こうした商品の効果が出るまでの期間には個人差があるため、焦らずにケアを行うことが大切です。

More Detail

きれいな素肌の維持

女の人

妊娠線予防クリームを選ぶときには保湿力の高さや肌への優しさが大切です。人気を集めている予防クリームにはセラミドや植物エキスなどが含まれており、パラベンやエタノール、香料といった添加物は配合されていません。妊婦だけではなく赤ちゃんも使用することができます。

More Detail